ドラマの無料動画

「下町ロケット~2018~」1話の動画フルを無料でみる方法【見逃し配信】

下町ロケットの動画を無料で見る方法をご紹介します。

下町ロケットは放送後1週間以内であれば、tverで配信されている動画で見ることができます。

公式サイト:TVer

ただし、視聴可能な時間は放送終了後の1週間です。
10月14日(日)放送分の下町ロケットの1話であれば
10月21日(日) 20:59 に配信終了します。

それ以降はこれから紹介する動画配信サービスをご確認ください。

下町ロケットが見れる動画配信サービスの一覧

下町ロケットが見れる動画配信サービスは下記のようになります。

Hulu 未定
U-NEXT 未定
dTV 未定
Paravi
au ビデオパス 未定
Amazonプライム・ビデオ 未定
TSUTAYA TV 未定
FOD 未定
WOWOW 未定

※視聴可能という情報は2018年11月5日現在の情報です。放送される作品は変更する可能性がありますので、詳細は各サイトを動画配信サービスをご確認ください。

下町ロケットを無料で見るならParaviがおすすめです。

Paraviなら登録月が無料になるので、下町ロケットを含む全作品が無料で視聴できます。
登録した月の無料期間中に解約をすれば一切お金はかかりません

視聴者さん
視聴者さん
見たい作品だけ無料期間に見て解約すればタダ(0円)ってこと?

そのとおりです♪
登録月の無料期間中に作品を見終わって解約をすればタダ(0円)なんですよ。

Paraviは動画配信サービスの中でも優良企業なので、解約はネットの申請で1分以内
安心して無料期間をお試しすることができますね♪

また、Paraviは独占配信の動画が多く、月額925円(税抜)でコスパは1番なんですよ。
いろいろな動画配信サービスを見てみて、Paraviに決める人は多いんですよ♪

Paraviの無料キャンペーンで下町ロケットを見てみる

違法動画で無料視聴できる?

パンドラやデイリーモーション,9tsuなどの動画視聴サイトで違法アップロードされた「下町ロケット」の一覧とURLをご紹介します。

※以下の動画サイトに上がっている動画は違法にアップロードされたものです。
違法に上がっていたことを知りながらダウンロードして視聴した場合は刑法罰にふれる恐れががあります。
参考URL:政府広報オンライン

また、違法サイトにはウィルス感染の恐れが高いです。

過去にウィルスによって遠隔操作され、誤認逮捕されて学校や会社をやめなければならなかった事件もありました。

安全な日本の動画配信サービスを強くオススメします。

Dailymotion 「下町ロケット」で検索
pandora.tv 「下町ロケット」で検索
9tsu 「下町ロケット」で検索

 

下町ロケットの1話の公式HPのあらすじ

目次

下町ロケット1話の公式HPで紹介されているあらすじをご紹介します。

元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている 佃航平(阿部寛)。一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。
ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工宇宙航空開発部部長の 財前(吉川晃司) から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。
そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。
そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と 山崎(安田顕)。トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった──。

下町ロケット1話のあらすじと見どころ

ネットのアンケートで募集した下町ロケットの1話のあらすじと見どころをご紹介します♪

下町ロケット1話のあらすじと見どころ①

視聴者
視聴者

下町ロケット1話のあらすじです。

帝国重は新ロケット打ち上げに成功し、宇宙航空開発事業部、ロケット用バルブを開発してる佃製作所も順風満帆かのように思えた。
しかし新社長となる的場には帝国工業の宇宙開発事業を中止する意向があり、次のロケット打ち上げで宇宙事業は終わりとなるかもと宇宙航空開発事業部長・財前から佃は告げられます。
ロケット品質の技術力!というモチベーションを得られていた佃製作所従業員にこれは強いショックを与えました。
そんな佃に大手農機具メーカー・ヤマタニから取引縮小を告げられます。
このままではいかん!と佃は新事業に取り組む事を決意するも、何をして良いかわからない迷走状態になります。

そんな時に佃製作所財務部長・殿村の父が倒れ、急遽殿村は実家のある福井まで戻ることに。
幸い殿村父の命に別状はなかったものの、佃と開発部・山崎両名が殿村実家へお見舞いに訪れます。
この時殿村はトラクターで農作業をしていたのですが、そこから作業ムラの出来ない新トランスミッションの開発へと乗り出します。
トランスミッションメーカー・ギアゴーストにトランスミッション用バルブを売り込みに行きます。
ギアギーストの生産は完全外注で、バルブはコンペ方式で選ぶとこのこと。
もちろんその時に一番優れていたものをです。
ロケット品質のウチなら!と佃のモチベーションは一瞬上がります。
しかしコンペのライバルはバルブ業界最大手の大森バルブだと知り、ビックリ。
大森のバルブを見ると、その技術力の高さにも驚かされました。

トランスミッション用バルブ開発チームに、軽部・立花・加納の三名が選ばれます。
熱血感の立花とやる気のない軽部両名は衝突を繰り返し、製作は行き詰ります。
そんな時、以前手掛けたガウディのおかげで元気サッカーをする少年を見て、佃が閃きました。
この閃きから新バルブを開発し、ギアゴーストへのコンペ作品を提出します。

データ上はライバル・大森バルブが大きくリードしており、このまま大森バルブに決定かと思われた。
しかしギアゴースト副社長の島津が、佃製作所のバルブを見て涙を流します。
一見性能の劣る佃製作所のバルブでしたが、少数のパーツで組み上げたこのバルブは耐久性がとてつもない事を理解したんです。
この耐久性に比べれば大森バルブの性能なんてたいしたことない!と佃製作所の新バルブがギアゴーストに採用されることとなり、佃製作所の新事業・トランスミッション用バルブ開発が形になりました。

下町ロケット1話のあらすじと見どころ②

視聴者
視聴者

佃製作所というバルブエンジン開発を行っている会社が帝国重工という大企業とともに純国産のロケット開発を行い成功させてきたが、なんと帝国重工の社長の改革によりロケット開発を取りやめてしまった!これにより佃製作所は経営方針を考えなくてはならなった。その時、佃製作所の経営者佃航平(阿部寛)は部下の野々村の父親が倒れ野々村の実家を訪れる。そのとき野々村はトラクターの性能が悪いと文句を言っていた。それを聞いた佃は作業ムラがなくなるようなトラクターのエンジンバルブの開発を試みることに。
開発を行うために、トランスミッションメーカーギアゴーストの社長の伊丹と副社長島津と出会い、トラクターのバルブという新規事業がはじまる。佃航平はトラクターのエンジンバルブ開発に意気込みを見せるものの、バルブ界の帝王 森バルブ社と戦うことになる。エンジンバルブの開発は難しく、難航する。だが、佃達はだれのために開発を行っているのか初心を思い出し、コンペ当日では森バルブ社を圧倒する。その勝利によりギアゴーストという新たなパートナーを手に入れ夢への第一歩をふみだすのだ。下町ロケット1話

下町ロケット1話のあらすじと見どころ③

視聴者
視聴者

下町ロケット1話は財前部長の演説、それに続きロケット打ち上げ成功の拍手始まります。
そんなハッピーな雰囲気の中、今回のシリーズではどんな試練が待ち受けるのかと思っていると、さっそく帝国産業のロケット事業からの撤退やトラクターエンジンの取引縮小が矢継ぎ早に知らされます。
ここから予告編で示されている農業への参入に如何繋げるのかと、TV画面に引き込まれて行きます。

運命の偶然が重なり農業(トラクターのトランスミッションのバルブ)に活路を見出した佃社長の挑戦が始まります。

見所はやはり、アリさん町工場佃製作所が、如何にして巨象大森バルブ挑むのかですね。
今回は農業をフィールドにしての闘いかと思いましたが、やはり農業機具のバルブがだったので無理なく受け入れられました。
バルブ採用のコンペに勝つ為のチーム編成は、変わり者の軽部がリーダーとなり立花との対立で波乱含みでしたが良い方向に動き出し大森バルブ勝利します。
又、敵役の古舘伊知郎さん(顔見世程度でした)や六角精児さんが登場しましたが、怖さが良く出ていて本当に意地が悪そうですから、今後の絡みが非常に気になります。

下町ロケット1話のあらすじと見どころ④

視聴者
視聴者

下町ロケット1話あらすじ&見どころ。

シーズン2の始まりです。帝国重工が社長交代により、ロケット事業から撤退するという話を開発部部長の財前(吉川晃司)から聞いた佃製作所社長・佃航平(阿部寛)。失意の中、追い打ちをかけるように、農機具メーカーから小型エンジンの取引削減をも告げられる。

そんな最中、経理部長の殿村(市川談春)の父が倒れ、農業の手伝いと父親の看病の為、週末ごとに実家に戻る事に。そこに佃と技術開発部長・安崎(安田頸)が殿村を訪ねていき、農作業時のトラクターによる作業ムラを無くすための高性能トランスミッションバルブ開発を、会社の新事業とするアイデアを得る。

取引きをしていた農作業メーカーは、ギアゴーストという元帝国重工の社員二人が起こしたベンチャー企業に外注する事を知り、そのコンペに参加する事を申し出る。コンペの相手は、業界大手の大森バルブ。

コンペには勝つものの、ギアゴーストが特許侵害で訴えられた事による倒産の危機に陥り、佃製作所のバルブが使われなくなるかもしれない・・・。

というところで、1話終了。初っ端から、息を飲むピンチに次ぐピンチで全シリーズ同様、ドキドキハラハラが止まらない展開です。

下町ロケット1話のあらすじと見どころ⑤

視聴者
視聴者

下町ロケット1話では、父親の遺した下町の工場で働く佃は、前職の宇宙科学開発機構での研究員としてロケット打ち上げの成功の夢半ばで辞職するも、諦めきれず現在の佃製作所でロケット製造の夢を叶えるべく奮闘する。
自社の開発した製品を使用して、大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により念願を果たす。
順調のように思えたが、帝国重工の社長交代に伴い、スターダスト計画が打ち切りになるかもしれないとの話を聞く佃はショックを隠せない。佃ばかりではなく、佃製作所の社員も同様にロケット品質に熱い想いがある。
さらに、大口取引先の農機具メーカーから、性能よりもコスト重視という理由により小型エンジンの取引削減を告げられる。
窮地に立たされる中、佃製作所の経理殿村の父親が倒れる。三百年という歴史を誇る農家だけに、父親の看病と畑仕事の手伝いに通う殿村を見舞う佃がその畑で目にしたものに新たなチャンスが潜んでいた。
佃の転落人生からの起死回生に思えたスターダスト計画の打ち切りの話と大企業からの取引削減という窮地に立たされた佃がどのようにして、窮地を抜け出すことが出来るのかがみどころです。

下町ロケット1話のネタバレと感想

ネットのアンケートで募集した下町ロケットの1話のネタバレと感想をご紹介します♪

下町ロケット1話のネタバレと感想①

視聴者
視聴者

下町ロケット1話ですが、ロケット製作におけるパーツをすべて自社製品でまかなう!と意気込む帝国重工に佃製作所のバルブをやっと認めさせた・・そんな時に帝国重工のロケット開発が中止になると知って佃社長や従業員はとてもショックだったろうなと感じました。
しかもヤマタニから取引縮小を告げられます。
トラクターのエンジンなんて、そこそこの性能があればいいんですよと。
高い技術力を売りにしていた佃製作所からしたら、え?って感じですよね。
”ロケット品質”という超一流の技術力が佃製作所の売りなのに、そこを否定されたらどうすればいいの?と佃社長は慌てます。

殿村実家への見舞いからトラクター用バルブ開発を手掛けることになりましたが、開発部の軽部と立花の不仲がとても大変でした。
ただ私的には軽部の言ってることがもっともだと思うんですけどね。
軽部は一従業員なんですから、すすんで残業なんてする必要はありません。
定時で帰ろうとしてるだけなんですから、悪い所なんてありません。
しかし立花は正反対で、早い話社蓄なんです。
まあ軽部の態度は大変悪いものだったので、軽部は損してるな~とは感じましたけど。

結局行き着いた新バルブは「壊れないバルブ」とコンセプトにしたものでした。
耐久性の重要さに、ギアゴースト社長・伊丹と大森バルブ営業部の方たちがまったく気づいてないのにはビックリしましたけど。
幸いギアゴースト副社長島津はその重要性に気づき、佃製作所はコンペに勝利します。
しかしもし島津が気づいてなかったら、佃製作所は負けてたわけですからね。
良過ぎる物って他者に理解されづらいんだなと改めて感じました。

とりあえず新事業のトランスミッション用バルブ開発は軌道にのりそうですし、ひとまず安心しました。

下町ロケット1話のネタバレと感想②

視聴者
視聴者

最初、エンジンのバルブなんて言う小さいものを作る会社の物語なんてあまり興味がなく、見たいなんてあまり思わなかったが、今回の主役である佃製作所経営者の佃航平が思いもよらぬ困難に対して、気力を振り絞ってその困難に立ち向かっていくという物語には、今の日本や今の自分の状況と重ね合わさってしまうという点もあり感動した。今回執筆している作者の池井戸潤は自分は大好きで、どの作品も苦境に立たされた主人公が理不尽な目にあいながらも、頭を使ってその理不尽な目に合わせてきた悪役のようでむかつく人々を倒していくという勧善懲悪の物語にはすっきりとした感動を覚え、次回も読みたくなる。下町ロケットが放送される前では、半沢直樹が演じるリーガルハイが一世を風靡した。読者のみなさまもご存じではないだろうか。そのリーガルハイを見て面白いと感じ取ったのであれば、今作品を見ることをお勧めする。とくに、トラクターのエンジンバルブ開発の場面において、森バルブ社に勝ち、トランスミッションメーカーのギアゴーストと契約を組むなど無理だと思っていたのにその結果には驚いた。下町ロケット1話

下町ロケット1話のネタバレと感想③

視聴者
視聴者

下町ロケット1話では、新事業で農業と係る様になる過程を示してくれますが、談春さんの実家が農家で、親父さんを急病にして強引に繋げちゃうのがチョッと苦しいですかね。
まあ、この強引さは毎度の手法なので良しとしないといけませんね。

ガウディー編の人工弁から、トラクター用バルブが振動に強い物を導き出す、取って付けた様な所も有りましたが、コンペでその部分やその他の佃ロケット品質を評価され勝利するのが嬉しいです。
水戸黄門で印籠を出した時の爽快感が、佃製作所のバルブが認められた瞬間にも得られ涙が出そうになりました。

尚、コンペ結果が出るまでが非常に短かったり、コンペの試験内容が知らされなかったり、前のシリーズでは結構掘り下げていた細かい箇所を表現しないのが今シリーズの方針だとしたら、技術の佃製作所を描く為には必須な物を削るのであり寂しい限りです。
人間関係が複雑なので、その人間模様を本シリーズ内で描くとなると、細かいディティールを端折るのは仕方ないのかも知れませんが、そこに興味を持つ者だって居ますので、適度に含めて欲しいものです。

渋い部長さん役が板に付いた吉川さんの登場場面が何時も厳しい局面ばかりでしたが、本シリーズ終盤では逆転ホームランでの清々しい笑顔が見たいものです。

下町ロケット1話のネタバレと感想④

視聴者
視聴者

下町ロケット1話ネタバレ&感想。

シーズン1が面白かったので、大期待で1話見ました。初っ端からもうピンチの連続で、期待を裏切らない展開!大満足です。

今回、ものすごい嫌味で異彩を放っているエンジニアがいて、誰?と思ったら、徳重聡さん!あまりにもこれまでのイメージと違うので、名前を見るまでは全く気がつきませんでした。ハンサムで爽やかなイメージは完全に封印で、独特の演技を見せていて、このシリーズ2で一番目立っている俳優さんです。顔芸も凄いです。

それと、芸人さんのイモトアヤコさんがギアゴーストの副社長にて天才エンジニアを演じられてるのが、上手い!!!と思わず唸ってしまいました。彼女もこのシリーズ2からの新キャラクターですが、凄い存在感を放っています。

個人的には、目の保養の竹内涼真くんの出番をもっと増やして欲しいな・・・と思いますが、笑、阿部寛さんも相変わらずカッコいいですし、演技の力の入り方もパンパ無いなと思いました。

個性的な役者さん達の、思い切り個性的かつものすごい熱量の演技が、最終回までまだまだどんどん上がりそうで、楽しみしています。

下町ロケット1話のネタバレと感想⑤

視聴者
視聴者

下町ロケット1話では、幾重にも窮地に立たされる佃がロケット開発との夢と情熱を無くすことなく、乗り越えるために奮闘する様子が描かれています。
同じく、ロケット品質に対して情熱を燃やす信頼できる社員と共にどのようにこの危機を乗り越えるのか。
技術力が売りの佃製作所だが、コスト重視の大口取引先からの小型エンジンの取引削減と告げられたこともあり、ショックは大きい。
だが、誠実に技術力を磨き夢に向かって情熱を持ち続けている佃製作所に一筋の光が差す。
それは、三百年の歴史を誇る農家である殿村の父親が倒れたことにより、看病と手伝いに行っている殿村を見舞ったときの事である。
畑仕事をしている殿村に農機具の不便さがあることに気づく。そこで、新たな農機具開発の構想が描かれる。
常に人の役に立つためや大きな夢と情熱を持つ佃に心揺さぶられた社員が奮闘する佃製作所にどんな困難も乗り越えていける強さを感じます。
青春ドラマのような、熱き想いを持った大人達と、取引先の悪い事を企んでいるような汚い大人達の戦いの様子にも似た構造に今後の展開が楽しみです。

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想

下町ロケット1話のTwitterでのネタバレや感想をご紹介します。

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想①

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想②

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想③

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想④

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想⑤

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想⑥

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想⑦

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想⑧

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想⑨

下町ロケット1話のTwitterでの評価や感想⑩

Huluの無料キャンペーンで「下町ロケット」の1話を見てみる

下町ロケット1話のその他ネットでの評価

下町ロケット1話のその他ネットでの感想や評価をご紹介します♪

下町ロケット1話のその他ネットでの評価①

視聴者
視聴者

待ちに待ったドラマ
脚本家が変わるって事でどうかなあと思ったけど
日曜日の楽しみになりました
噂通り竹内くんセリフ多くなりすぎ!(笑)
確かに次々と問題がでてくるし佃製作所と敵対する
相手が常にいてだいたいの流れがわかっちゃうけど
それも許容範囲ということで。
だけど娘役の太鳳ちゃんの常につっかかるような
言い回しが鼻につく。

感想の引用元:Y!TVガイドGガイド

下町ロケット1話のその他ネットでの評価②

視聴者
視聴者

まずは、御披露目
第一話としては、こんなもんかな。

前シリーズの振り返りもあり、
今シリーズの登場人物の紹介ありで。

来週以降の予想としては、
2話3話と追い込まれて、
4話から光明が見えて、5話で大逆転笑っ

期待しています。

感想の引用元:Y!TVガイドGガイド

下町ロケット1話のその他ネットでの評価③

視聴者
視聴者

入りはユックリですね
立花(竹内涼真)が暴力的すぎて・・あんな瞬間沸騰機は社会に適合してない筈
軽部(徳重聡)が上手すぎて・・石原軍団がイヤミ役引き受けですね(神田正輝)
島津裕(イモト)が大げさすぎて・・役になりきってないから上っ面だけ役者
利菜(土屋太鳳)が可愛い・・・・・チアダンで笑顔がグレードアップしたのか
山崎(安田顕)が良い味です・・第二の大杉漣か?相原さん役が頭から離れない・・

感想の引用元:Y!TVガイドGガイド

下町ロケット1話のその他ネットでの評価④

視聴者
視聴者

面白いけど前作ほど興奮しない。
第1話楽しみに観ました。やっぱり面白い。俳優陣の演技は素晴らしいし、今回のストーリーも大変興味深い内容で、音楽も大好き。しかし、それなのに何故か前作に比べるといまいち興奮しないのです。ドラマの展開がやや唐突というか、不自然とまではいかないにしても、何だか急ぎ足のように思われてしまったのは私だけでしょうか?調べてみると、脚本家が前作の方とは違うとのこと。脚本のせいかどうかは分かりませんが、何故脚本家が変更になってしまったのでしょうか?ともわれ、下町ロケットの一大ファンとして今後も最終回まで熱く見守りたいと思います!

感想の引用元:Y!TVガイドGガイド

下町ロケット1話のその他ネットでの評価⑤

視聴者
視聴者

財前シブイ!イモトはちょっと…。
このドラマは阿部寛さんが主役だけど、吉川晃司が渋くてカッコよすぎます。将来、帝国重工の社長になるところまで見たいですね。
今日の話のキーマンはイモトだったけど、前作の今田耕司と同様、やはり軽いというかシックリ来ない。ここはちゃんとした女優にしてほしかった。そこが残念。
あとは安定の俳優陣で見てしまいます。

感想の引用元:Gガイド.テレビ王国

下町ロケット1話のその他ネットでの評価⑥

視聴者
視聴者

異色のキャスティング
三年前同様に、今回も異色のキャスティングが揃った。
古舘伊知郎、やはり一番大きかったのは、イモトアヤコだった。ボウリング場に登場した時は、誰だと思った。
もう一人、異色の人物がいた。落合福嗣。あれ、この人どこかで聞いた事あると思った。その人は声優であり、また落合博満氏のご子息である。
将来的には、声優兼俳優として活躍するのか。伊武雅功のように。
ただ心配なのは、池井戸ブランドに泥を塗るような事にならなければ良いのだが。

感想の引用元:Gガイド.テレビ王国

下町ロケット1話のその他ネットでの評価⑦

視聴者
視聴者

伝統芸なみ
やっぱり面白いんだけどもはや視点が違うんだよな…
焦った時の阿部寛の何言ってるか分からない感
杉リョーとモニカの会社と思えない重厚感…
他にも色々
待ってました!みたいに喜んじゃうんだよなぁ

確かに徳重やたら芝居上手いね

感想の引用元:Gガイド.テレビ王国

下町ロケット1話のその他ネットでの評価⑧

視聴者
視聴者

下町ロケット(半沢)制作チーム
はもはやコントドラマ班と化してしまいましたね。

「半沢直樹」での顔面度アップ、大袈裟な表情はあのストーリーや優れた俳優さんたちの力もあり、それまでなかった表現として視聴者に受けた。

TBSや半沢制作班は度アップ、顔芸、大声張り上げをすれば池井戸潤的と勘違いし「陸王」(今作脚本家の師匠)、「小さな巨人」(今作脚本家)を制作。

日曜劇場がトンチンカンなコントドラマばかりになってゆくのが実に嘆かわしい。

時間潰しのドラマなど作らず、しがらみ(特に吉本)なく、ちゃんとしたドラマを創って欲しい。

感想の引用元:Gガイド.テレビ王国

下町ロケット1話のその他ネットでの評価⑨

視聴者
視聴者

土屋太鳳さん嫌い
彼女がこのドラマに出演しているのが気に食わないとのコメントが多い。他のドラマに彼女が出演していた時もヒステリックに、土屋太鳳さん嫌いとコメントされていましたね。
そんなに嫌いなら見なければストレスが解消できます。
土屋太鳳さんだけでなく、芸人さんがこのドラマに出演していることが気に入らないとの意見もよく見ます。芸人さんはドラマに出演してはいけないのでしょうか?
どなたが出演されてもいいドラマであれば私は見ます。

感想の引用元:Gガイド.テレビ王国

下町ロケット1話のその他ネットでの評価⑩

視聴者
視聴者

下町ロケットが帰ってきましたね。このワクワク感が堪りません。あの音楽で一気に前作の世界に帰れました。登場人物もスポット的な出演も含めて継続性があります。このドラマを面白く感じられるセンサーが自分に残っていて良かったと思います。某刑事ドラマの十七番煎じも楽しみです。やはり実績のあるドラマは、世界観の説明が要らないから物語に入り込み易いのでいいです。

感想の引用元:Gガイド.テレビ王国

関連記事:「下町ロケット~2018~」の動画フル(最終回まで)を無料でみる方法【見逃し配信】