派遣会社の流れ

初めての派遣社員

27歳の時に7年勤めていた飲食店を辞めどんな仕事をしようか探していた時に派遣会社での募集記事を見つけました。
今まで、派遣での仕事はした事がなかったのでどんな仕事なのか興味もあったので面接を受けることにしました。
面接に受かった私は初めて工場での仕事をすることになりました。大手の会社での勤務になりその当時の私は嬉しく仕事を頑張ろうと躍起になっていたのを今でも覚えています。
実際に仕事を始めてみると色々な設備があり1つの製品を作るのにここまで手が込んでいる事を知り驚きました。
私は仕事を初めてから半年後班長という役職に着くことができ、より仕事を頑張ろうと躍起になりましたがそれからさらに半年後、そこの会社の製品の売れ行きが伸びなくなってしまい仕事が激変してしまったのです。
仕事の内容は嫌ではなかったので、このまま仕事を続ける事も考えましたがやはり派遣会社です。
周りの仕事仲間はどんどん辞めていき、私も本格的に続けるのか辞めるのか本当に悩むようになってきました。
固定給ではなく時給での仕事だったので、勤務時間が短くなると給料が減る。やはりこのままでは生活が出来なくなってしまうと考えた私は仕事を辞める事に決めました。
今までの恩もあったので、辞める際に会社に相談したところ今までの仕事を認めてくれた会社は私を正社員として雇ってくれる事になりました。
真面目にコツコツと仕事をしていれば周りの人が認めてくれると初めて実感しました。
私も同じ事が出来るように今でも仕事を頑張っています。